至極の食材を求めて

ー シェフ アンドレアの「美味しい」を探す旅 ー

日本の美味しい食材を皆さまにお届けしたい。
シャングリ・ラ ホテル 東京では日本の生産者さまが愛情を注ぎ大切に育てた食材を、
エグゼクティブ シェフ アンドレアが丹誠を込めて作り上げた、
​お料理の数々をお楽しみいただけます。
北海道
  
日本北端に位置する北海道は、北の海で収穫される魚介類、河でとれる鮭、牧場のバターやミルクなど、まさに食材の宝庫です。
  

全国の4 分の1 を占める広大な耕地面積において、生乳、ばれいしょ、てんさい、小麦、たまねぎ、
軽種馬、小豆、かぼちゃ、いんげんは全国生産量の5 割を超えており、スイートコーン、そばも
約5 割を占めるなど、日本における食料供給基地として北海道農業は重要な役割を
果たしています。また、北海道には、約554万 ha の森林があり、北海道の土地面積(北方領土を除く)の71%に当たり、全国の森林面積の22%を占めています。海の幸とともに山の幸も楽しめる北海道は、全国魅力ランキングで常に上位に上がる理由でしょう。
 
生産者さまのご紹介

青森

 青森県は、東北地方の北部に位置する本州北端の県で、津軽海峡を渡った北には北海道が位置する自然豊かな県です。りんご、ながいも、にんにくは全国生産量1位を誇り、その他にも大間産のマグロやホタテなど農業や漁業が盛んな地方です。

祭りの歴史が古く、春は「弘前さくら祭り」、夏は「青森ねぶた祭り」・「弘前ねぷた祭り」・「五所川原立佞武多祭り」・「八戸三社大祭」、秋は「岩木山お山参詣」・「恐山大祭」そして冬には「八戸えんぶり」など、四季折々のお祭りが開催され、地元の方々はもちろん国内外の観光客を魅了しています。
  


生産者さまのご紹介

東京

  
東京の農業や畜産業はは、農地の効率的な利用や伝統に培われた高い技術力や都市地域から山村、島しょ地域まで、それぞれの地域の特性を生かしながら、生産活動を行っています。都市に立地する農業や畜産業は、土地が限られているため生産量に限りはあるものの、流通コストが安価であり、新鮮な生産物をより早く都心部へと供給することができます。
東京の農業生産額は300億円。稲作が中心の他県と異なり東京の主要農産物は野菜で、総生産額の5割以上を占めています。他に畜産や花の生産がこれに続き、生鮮野菜では都民消費量の1割近い供給量をもっています。
  
生産者さまのご紹介

岩手

  
岩手県の面積は、北海道に次いで2番目に広く、盆地と海岸部以外は産地や丘陵地が多く緑豊かな県として知られています。岩手県では、広い県土と変化に富んだ気象・立地条件を生かし、米、園芸、畜産が巧みに組み合わされた総合畜産化が進んでいます。主要生産物であるピーマン、きゅうり、大根、人参などの生産は全国上位にランクされ、食料自給率は100%を超える数少ない県の1つであります。黒潮による豊かな漁場として知られている三陸海岸の岩礁は、ワカメとあわびの養殖の生産高全国1位の規模を持ちます。
  
生産者さまのご紹介

長野

  
本州の中央に位置する長野県は、日本アルプスをはじめとした2,000~3,000m級の山々に四方を囲まれているため、、四季の変化に富み、地域によって特産物が異なるなど、バラエティーに富んだ農業が行われています。冷涼な気候と水はけの良い土地を生かして、リンゴなどの果樹栽培が盛んです。長野県のリンゴの生産量は、青森県に次いで全国2位誇ります。長野県は首都圏、中京エリア、京阪神などの大都市圏まで比較的近距離にあり、新鮮な農作物をいち早く都市に出荷できるメリットがあります。
  
生産者さまのご紹介

奈良

  
奈良県は全国最多の3箇所が世界遺産として登録をされているため、国内外を問わず多くの旅行客が訪れるエリアの1つです。奈良県の地形は、大きく北部の低地帯と南部の山岳地帯に分かれ、恵まれた気象条件や高い生産能力を活かし古くから農業が発達してきた内陸県です。1年を通して冷涼な機構を活かした酪農、畜産業、お茶、イチゴやほうれん草などが代表的な生産物です。
  
生産者さまのご紹介